HOME>人気記事>お葬式について役立つ知識【心に余裕を持ってお葬式に備える】

お葬式の段取り、どうすればいい?

お葬式をあげる際、気になるのが段取りですよね。もしもの事があった際には段取りの事が分からず慌ててしまう事も…。一般葬の場合はお客様も故人を偲びに足を運んできます。慌ててお客様にご迷惑をかける事になることは避けたいです。そうならないように、事前にお葬式に必要なものや流れを把握して、段取りを考えましょう。

お葬式の際に喪主が必ず準備しておくもの

  • 故人の遺影
  • 喪服
  • (当日返しならば)香典返し

お葬式は流れを把握しておくと安心

参列者の場合と、実際に喪主を務める場合ではお葬式の段取りはかなり変わってきます。喪主は、葬儀社を手配し、葬式がスムーズに進めるイメージを考えないといけません。実際に式をする際に困らないよう、ここで流れを一通り確認してください。

お葬式の流れ

香典

お葬式の内容の打ち合わせ

葬儀社に連絡をしたら、故人を移動させる車の手配、葬儀会館や火葬場の場所を決めます。葬儀社が向かう時間と場所を聞かれるので、予め葬儀社に連絡をする前に病院の職員に時間・場所を確認しておいたほうがいいです。また、僧侶の手配ですが、お付き合いをしている寺院がない場合は葬儀社に依頼をすれば紹介してくれます。

ご納棺

あの世への旅支度を整えます。この際、この世での労を洗い流し、清い姿で旅立てるようにと湯灌の儀というものを行い、死化粧などをしていきます。中には、死化粧をする病院もあるようですので、希望しない際は希望しないと伝えましょう。

お通夜

お葬式というのは一般的には2日間に行われるお別れの儀式で、お通夜は1日目に行われます。時代の変化と共にお通夜の流れが変わっており、仕事関係の方やその他近所の方なども参列しやすい時間の18~19時頃から読経が始まり、その後故人との最後の食事の場である通夜振る舞いを用意して夜にはお開きになる「半通夜」が主流になっています。

葬儀・告別式

通夜の翌日に行われるのが告別式です。午前中に行われることの方が多く、親族だけではなく、故人と生前親交のあった友人・知人などともお別れをする式です。故人が親交のある人が多い場合は、たくさんの方が故人を偲びに来ます。似たもので、葬儀式もありますが、現在は葬式も告別式もそこまでハッキリとした区別はされていません。また、家族葬を行なう場合は、親族や故人のごく親しい友人のみで葬式を執り行います。

火葬・ご拾骨

火葬は、葬式・告別式が終了した後に行われますので、火葬場まで移動することになります。この移動の際にも決まりがあります。それは、車に乗る順番です。生前、故人との繋がりがより深い方から乗るという決まりになっています。そして、火葬にかかる時間は1~2時間ほどとなっています。火葬後は、遺骨を骨壷に収めていく骨上げという儀式を行うこととなります。骨壷に収める際に火葬場の担当者から指示があればそれに従って下さい。骨壷と火災許可書を受け取ったら、火葬場を後にし、遺骨法要を行います。最近ではその後に本来なら四十九日法要を終えた後に行なう精進落しと呼ばれる会食を一緒に行なう家庭もあるようです。

お葬式について役立つ知識【心に余裕を持ってお葬式に備える】

線香

葬式はスケジュールにも配慮した日程調整が大事

葬儀の日程を決める上で、参列者のスケジュールを確認することも重要です。特に遠方からの参列者もいる場合は、交通機関などの事も考えて日程調整を行いましょう。また、友引にも配慮してお葬式の日程を決めましょう。お葬式の際には「凶事に友を引く」として友引の日のお葬式は避けられています。中には、友引を気にしない方もいらっしゃいますが、参列者の顔ぶれに合わせて決めましょう。ですが、火葬場などは友引の日は定休日になっている事が多いです。

広告募集中